当サイトへようこそ!

「かのや畜産ブランド確立サポート研究会」は、鹿屋市を拠点に精力的な活動を続ける畜産農家の有志で構成された団体です。独自商品や地域のブランド化に向けた様々な研究活動を行いながら、地元に根差した力強い農業経営確立を狙います。

鹿屋市の紹介

九州南東部、鹿児島県大隅半島の中央に位置します。
人口約10万人で、大隅半島の行政・経済・産業の中核となる都市です。年間の平均気温17℃という温暖な気候と豊かな自然を活かした農業・畜産が盛んで、黒豚やブロイラー、落花生、サツマイモ等が特産品です。また、国立大学の鹿屋体育大学や海上自衛隊鹿屋航空基地があることでも全国にその名が知られています。
 鹿児島県内では、鹿児島市(県庁所在地)・霧島市に次いで3番目の人口規模を有する都市です。現在の鹿屋市は2代目で、旧鹿屋市と肝属郡の2町(吾平町・串良町)、曽於郡1町(輝北町)との合併により2006年に発足。
 現在は、「ばらのまち」・「健康・交流都市」をキャッチフレーズとしています。

 



お知らせ

2016年03月15日
サイトをリニューアルオープンしました。
2016年02月22日
先進地視察研修を行いました。
2015年10月03日
○○新聞に「○○○○○○」が掲載されました。
  • はてなブックマークに追加